• V
 

ノードがエラーをthrowした場合にフローを実行

問題

ノードがエラーをthrowした場合にフローを実行したい。

解決

Catch ノードを使って、エラー情報を受け取り、フローを実行します。

[{"id":"2bd6810d.e22ece","type":"catch","z":"fc046f99.4be08","name":"","scope":["2c94a22c.91012e"],"uncaught":false,"x":130,"y":160,"wires":[["d16b9fac.8212a"]]},{"id":"2c94a22c.91012e","type":"function","z":"fc046f99.4be08","name":"Throw Error","func":"node.error(\"an example error\", msg);   ","outputs":1,"noerr":0,"x":310,"y":100,"wires":[[]]},{"id":"d16b9fac.8212a","type":"debug","z":"fc046f99.4be08","name":"","active":true,"tosidebar":true,"console":false,"tostatus":false,"complete":"error","targetType":"msg","x":300,"y":160,"wires":[]},{"id":"c5ee9670.5dbbd8","type":"inject","z":"fc046f99.4be08","name":"Trigger error","topic":"","payload":"","payloadType":"date","repeat":"","crontab":"","once":false,"onceDelay":0.1,"x":110,"y":100,"wires":[["2c94a22c.91012e"]]}]

議論

Catch ノードは、フロー内の特定のノードや任意のノードで発生したエラーをcatchするよう設定できます。 これにより、異なるノードに対して異なるエラーハンドリングを設定できます。

Catch ノードは、エラーとしてロギングされた情報をメッセージとして送信します。 さらに、msg.error にエラーの詳細情報とどのノードで発生したかがセットされています。

これらのエラーハンドリングが行われることも考慮して、ノードはエラーを正しくロギングする必要があります。